進んで、戻って、また進む

大学中退した私が、心の事やネットの世界について考える、そんなブログ。

通信制大学のあれこれ

私は今、放送大学という通信制の大学で学んでいます。ちゃんとした正規の大学なので、決して怪しいとこではありません。

 

前回の記事で、中退する理由の一つに転学がありました。

普通の4年制大学に転学する人もいれば、スキルを身につけるために専門学校へ行く人も。

中には私のように、通信制の大学へ転学する人もいると思います。

 

そこで気になってくるのが、通信制大学って、普通の大学と何が違うの?って事だと思います。

私もまだ入学して日が浅い方なので、あまり詳しい事は書けないですが、ざっくりと説明していきます。

 

 

普通の大学と通信制大学の違い

学生が大学に通い、キャンパス内で学ぶのが一般的な大学です。

まず“大学”という言葉で思い浮かべるのはこちらですね。

 

一方通信制大学は、自宅での自主的な学習がメインになります。その為、社会人や主婦、諸事情で大学に通うのが難しい人にとっては、自宅で学べるというメリットが大きいです。

 

もう一つ大きな違いとして、多くの通信制大学では、入学時の学力試験が課されないという点です。

その為、高校卒業済や年齢等の基準さえ満たしていれば、誰にでも大学で学ぶ事ができます。

 

入学~卒業までの流れ

基本的に、一般的な大学とほぼ変わりません。

入学願書提出→合格通知→入学→必要単位取得→卒業、となります。

大学によっては卒論や研究なども必須ではないです。放送大学の場合は、やりたい人はやってもいいです、程度ですね。

 

講義の種類

大きく分けて、自宅学習スクーリングの2つに分かれます。最近ではスマホやPC、タブレットを用いたオンライン講義なんてものもありますが、こちらに関しては自宅学習で採り上げます。

 

自宅学習

通信制大学において、メインになる学習方法です。

教科書や印刷教材が送られてきて、それを読み込んで大事な所をまとめたり、過去問を探してきて解きつつ、分からない所を教科書で調べたりして、知識を得ていく方法です。

 

放送大学

 

自宅にいなくても、通勤中や出先で読む事もできるので、場所を選ばず学べるのが利点ですね。

 

最近では、インターネット上で講師とのやり取りをして学ぶ事のできる“オンライン講義”なんてものがあったりします。

課題やレポートをメールで送り、添削して返却してもらったり、分からない所を質問して、メールで返答をもらったり。

実際に講義を受けにいったり、紙の教科書で勉強するよりもはやく、スムーズな学習を行う事ができる学習方法となっています。

 

スクーリング

こちらは、実際に大学へ通い講義を受ける学習方法です。面接授業とも呼ばれます。

自宅学習とは違い、直接講師とのやり取りを行えるので、理解度が早いです。

また、同じ講義を受けている学生と交流できるので、交友関係が広がったり、お互いに高めあっていく事で、学習意欲の向上につながります。

 

スクーリングは短期集中が多いので、忙しい社会人でも、土日で集中してスクーリングを受けたり、夜間スクーリングなど、仕事外時間を利用して学ぶことも可能です。

 

試験

レポートや小論文の提出、大学でのテストがメインです。放送大学では学習センターへ行き、試験を受けるのが多いですね。

 

試験時間は固定の場合が多いので、働いている人にはちょっと辛いかも…

その為、テストで成績評価を行っている科目を取る場合は、試験時間も調べておくのが良いと思います。

 

年齢層

老若男女様々な人が在籍しています。若い人は少なめかも。

働きながら資格を取りたい人や、色々な分野を学びたい人、年を取っても勉強していたい人。

本当に色々な人がいるので、スクーリングや試験終わりなどで時間があれば、話に花を咲かせるのもいいでしょう。

人と話す事は、知識を得たり、心をリフレッシュしたりといいこと尽くしです。

 

部活動・サークル

通信制大学においても、部活動やサークルは存在します。

入る入らないは自由ですが、メジャーなものからちょっと変わったものまで様々なので、興味がある人は覗きに行ってみましょう。

 

ネット環境って必要?

大学によりますが、無くても一応は大丈夫です。学習センターなどにPCやタブレットが置いてありますし、使い方講座のようなものも開設されてます。

 

ただ、分からない事を調べたり、大学からのお知らせを確認する事は大切ですので、ネット環境はあった方が楽になります。

 

とはいえ、無理にPC買ったりまでする必要はないです。今はスマホ1台あれば大抵の事はできる時代なので…

 

まとめ

以前は通信制大学の卒業率は2割程度と、かなり低い水準でした。今では学生へのサポート体制が充実していたり、モチベーション維持に力を入れていたりで、卒業率7割程度まで上昇しているようなところもあります。

 

一般の大学にも劣らないハイレベルな講義が展開されている事もあるので、気になった人は調べてみてくださいね。